公益社団法人 前橋市医師会

花粉症の治療

2016年02月29日掲載
遠藤 克明(前橋市医師会)監修

毎年1月下旬頃から数カ月間、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水・鼻づまりなどの花粉症の症状に悩まされる人が多いと思います。日本人にもっとも多いのはスギ花粉症ですが、この時季の花粉症の原因は、スギと同じく「木」の花粉であるヒノキや松なども考えられます。

治療は内服薬や点鼻・点眼薬などがあります。薬剤の中には、副作用として眠気が強く出る場合があり、特に車の運転には注意が必要です。また、点眼・点鼻 薬なども有効ですが、毎日定期的に投与することが大切。そのほか、漢方薬による治療や、花粉症の原因物質をかなり低濃度から頻回に投与する減感作療法があります。以前は通院して注射する方法でしたが、スギ・ダニの減感作療法は、薬剤を1日1回舌下投与し、症状改善を目指す方法もあります。導入後は 3~5年程度継続する必要があります。

いろいろな治療がありますが、鼻づまりがひどいのか、鼻汁がひどいのかなどの症状や、妊娠していないかなどの体の状態を医師に伝え、自分に合った治療をすることが大事です。