公益社団法人 前橋市医師会

オーラルフレイルってご存知ですか?

2017年05月31日掲載
柳澤 勲(前橋市歯科医師会)監修

「オーラルフレイル」とは、オーラル(口の)フレイル(虚弱)、直訳すれば「口の衰え」、専門的に言うと「高齢になり口腔の筋力や活力が衰えた状態」です。

症状は
(1)食べこぼし、噛みごたえのある物が食べにくくなる(咀嚼機能の低下)
(2)飲み込みにくい、むせる(嚥下機能の低下)
(3)発音がしづらい(滑舌の低下)
(4)歯の喪失などです。

オーラルフレイルがあるとどうなるのでしょうか。
食べ物が食べにくくなると、栄養が不足したり偏ったりして、身体機能が低下します。
滑舌が悪くなるとコミュニケーションがとりにくくなり、社会的に孤立することもあります。
これらのように、オーラルフレイルが進行すると口腔だけの問題ではなく、全身の運動機能や脳の衰えにもつながると言えます。

オーラルフレイルは日常のちょっとした心掛けで予防することができるので、かかりつけの歯科医院で相談してみて下さい。