公益社団法人 前橋市医師会

特定健診の検査内容

分類 検査項目 検査の意味及び注意事項
血圧 血 圧 高血圧が長く続くと脳卒中や心臓病、腎臓病を引き起こします。定期的に血圧を測り管理する必要があります。
検尿 蛋白 腎臓病の発見のための検査です。
糖尿病の可能性の有無を知る目安とします
潜血 腎臓病や結石、膀胱炎の時に出ます。
ウロビリ 肝機能障害のとき、陽性になります。
貧血 白血球 感染や炎症疾患のある時などに増加します。
赤血球 貧血の時、減少します。
血色素量
ヘマトクリット
血小板 出血傾向の発見と、肝臓病の経過観察に役立ちます。
肝機能 アルブミン 肝臓で生成され、アルブミン濃度が低下すると肝疾患、栄養失調が疑われます。
AST(GOT) 肝臓の異常に敏感に反応する酵素で、肝臓疾患(急性肝炎、慢性肝炎)等で増加します。
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP) アルコール性の肝障害の診断、閉塞性黄疸、肝疾患等を知ることができます。
腎機能 クレアチニン 腎臓障害の程度を知ることができます。
尿酸 腎機能障害や通風などの時上昇します。
脂質 LDLコレステロール 悪玉コレステロールと言われ、動脈硬化の原因になります。
中性脂肪 血液中の脂肪の一種で、これが高いと心筋梗塞の発生が高いと言われています。食べ過ぎ、肥満、飲酒で増加します。
HDLコレステロール 善玉コレステロールと言われています。動脈硬化の原因になりやすいLDLコレステロールを取り除く働きがあります。
糖尿病 グルコース 糖尿病の有無を知ることができます。
ヘモグロビンA1C 過去1~2か月間の血糖の状態を観察することができます。糖尿病のさらに詳しい検査です。
循環器 心電図検査 心臓の種々の病気を診断するために役立ちます。高血圧や動脈硬化症による心臓肥大や、自分で気付かない心筋梗塞が心電図で発見されることもあります。
眼底検査 眼底は、肉眼で血管を観察できる唯一の場所です。脳血管障害、高血圧、糖尿病など全身の血液循環の状態を知るうえで役立ちます。