公益社団法人 前橋市医師会

学校心臓健診で安全な学校生活を

2018年07月01日掲載
金澤 崇(前橋市医師会)監修

小学校、中学校、高等学校の各1年生に心電図による学校心臓健診を行います。
目的は(1)治療や運動の制限が必要な心臓病が隠れていないか
(2)心臓病が診断されている人が適切な学校生活を送れているか、の2つです。

心電図健診前に家庭へ配布される調査票は重要なものですので、しっかり記載をお願いします。
健診は少しでも疑いのある人を見つけるのが目的で、診断名を確定するものではありません。
健診後に精検票が渡された場合は早めに医療機関を受診しましょう。
医療機関での検査、診断後には「学校生活管理指導表」が発行されます。
これをもとに体育活動や部活動、校外活動などの参加方針を決定していきます。
前年度に要再検の診断が出た人は今年度の検査で異常がなくても精検票が発行されるので、指示に従い受診してください。
安全な学校生活を送るために大事な健診です。
家庭でのご協力をお願いします。